経営者モーニングセミナーで講話

今週の8月19日(土)朝6時30分から7時30分、足立区綾瀬4-9-9綾瀬稲荷神社で行われます「足立区倫理法人会経営者モーニングセミナー」におきまして、約40分ほどの時間を頂戴し、私が講話をさせていただきます。テーマですが「成功の秘訣は学びから・・・(私の学びはまず家族から)」という内容です。政治とは少し離れますが、私の体験談(失敗談やマイナスと捉えがちな体験がほとんどですが)から学ばせていただいたことをお話ししたいと思っています。プライベートなことを隠さずお話させていただくつもりです。(アイドルとは違うので私のプライベート面などご興味が無いかも知れませんが、現在の私がどのように生きてきたか、そして家族や周囲の人にどれだけ助けられているかなど・・・です)

この足立区の経営者モーニングセミナーは毎週土曜日同じ時間に行われており、私も約23年前から一昨年まで毎週参加をし、また今年の6月から復活(この間は土曜日ではなくなってしまったもので欠席でした)してほとんど毎週参加させていただいております。どなたでも参加できます。経営者向けと言ってもサラリーマンの方でも主婦でもとてもためになるセミナーです。毎週講師の方が変わり、様々な方からいろいろな話が聞けてとても引き込まれます。

終了後の朝食会に残られる方のみワンコイン500円がかかりますが(コーヒーのみの方は100円)、朝食会に残られない方は無料です。朝早い時間ですが、ぜひ、ご参加していただけたら幸いです。

朝の早起きは気持ちいいものです。一人でも多くの方に来ていただきたいです。

行政視察

昨日24日は福島県双葉郡広野町、今日25日は福島県いわき市と行政視察に行ってまいりました。

6年前の東日本大震災および原子力災害による被害、その後の復旧・復興に向けた取り組みと現状について広野町・いわき市を訪問し、視察研修をしてまいりました。対応してくださった広野町・いわき市の皆さんに心から感謝しております。

広野町では町長、議長、副議長、足立区から派遣の宮口子ども支援課課長補佐同席のもと、復興概要の説明後、ふたば未来学園・認定こども園建設予定地・広野未来オフィス・津波の被害があった海岸線の防潮堤・防災緑地・原発災害復旧の拠点としてなったJヴィレッジスタジアム周辺を回りました。津波による被害のみならず、福島第一原発事故の収束、町民の帰町、風評被害など、様々な課題に取り組んでいる現状やご苦労がとてもよく理解できました。

いわき市では津波の被害が大きかった薄磯地区などの震災復興土地区画整理事業の概要などを現地で直接説明をしていただきました。早いところでは住宅の新築工事が始まり、通常の区画整理事業ではとても考えられない速さで進んでおります。阪神・淡路大震災の復興事業の実績もあるUR都市機構のマンパワーやノウハウが活用されたとはいえ、いわき市の行政としての取り組みに大きな驚きを感じました。

足立区でもいつ直下型地震やゲリラ豪雨などによる水害が発生するかわかりません。対策を十分にとっておかなくてはなりません。まずは命を大切にすることは言うまでもありませんが、復旧・復興の取り組みの仕方も十分に練っておくことが重要です。今回の広野町・いわき市の取り組みを足立でも強く参考にしておきたいと思いながら帰ってきました。

 

運動会、倫理の勉強の土日

20日(土)朝、自宅から一番近い小学校の運動会の開会式から応援合戦、そしてプログラム一番の徒競走を見て、その後区本庁舎で開催されている「地球環境フェア」へ30分ほど見て廻りいくつか買い物をした後、自宅に戻り自転車でもう一つの隣接小学校の運動会へ、着いたと同時に声がかかり紅白玉入れに参加(目視で一つだけ入れることができました。参加賞としてゴミ袋をゲット)、お昼を食べに自宅に戻り、その後北千住シアター1010での足立倫理法人会主催の経営倫理講演会・懇親会に参加、とても勉強になりました。

21日(日)午前中は何本かの電話と新聞記事の整理、午後からは夫婦で倫理研究所主催の「教育創生フォーラムin足立」講演会に参加、会場に向かう前には夫婦で回転寿司で腹ごしらえと久々のデート気分?、もちろん講演会とパネルトークもとても有意義なお話でした。お誘いいただいたこととても感謝しています。

GW書類整理など

ゴールデンウィーク、皆さんは何をしていらっしゃいますか。テレビなどで渋滞情報、観光地の大混雑など報道されていますが、この時期にしか休みが取れない方が多いのではやっぱり混雑はやむを得ないようです。また、もし平日に会社の休みを取れたとしても、お子さんがいらっしゃる方は学校や幼稚園を休ませたくないでしょうし、なかなか難しいですね。

我が家は、娘たちも三十歳をはるかに超えているので、ありがたいことにゴールデンウィークに関係なく平日休みを合わせることさえできれば旅行に行けます。そんなことで、この時期はじっと家にいるか、東京(特に足立区)からはなるべく離れないようにしています。

4月30日の土曜日は、昼に足立区内のスープカレー屋さんで楽しみ、午後は区内の大谷田にある郷土博物館および併設の日本庭園でゆったりとした気分を味わってきました。ぜひ、皆さんも日本庭園一周してみてはいかがですか。この日も茶室をコスプレの若い女性たちが借りて写真撮影などをしていましが、そんな使い方も地域活性化にはありがたいです。同じく区内の花畑にある桜花亭の日本庭園も素晴らしいですよ。こちらもコスプレの利用者に人気です。

今日からのゴールデンウィーク後半は、書類整理をしなくてはと思っています。私の書斎(あまりにも書類など散らかし放題になっているのでただの物置となっていますが)の片づけを妻にいつも怒られているので少しはきれいにしようと思っています。昔の資料などもいつか使うのではと思うとなかなか捨てられないものです。やはり頭がアナログなのでしょうか。

 

新年度予算執行始まる

予算議会と言われる足立区議会第一回定例会が予算案可決で閉会して、いよいよ四月一日より新年度予算が執行されます。一般会計2,741億円、過去最大規模です。区民にとって、予算執行が最大の効果がでるようしっかりと注視してまいります。

ところで、三月末と言えば区役所も人事異動の時期です。昨日公表されましたが、区職員それぞれ一喜一憂だったのではないでしょうか。民間企業ももちろん人事異動はありますが、役所は民間と比べると移動率がかなり高いと言えます。区民にとっては、なにより適材適所なら良いのですが・・・。

 

 

北綾瀬駅のダイヤ改正

12月16日、東京地下鉄(メトロ)から千代田線のダイヤ改正の発表がありました。北綾瀬駅の十両編成化(二年半後)が予定されているので、今回の千代田線のダイヤ改正は小規模のものとなりました。しかし、北綾瀬駅利用者からの声(平日朝の増発を!)に対して、たった一本ではありますが、朝7時台に増発してもらえることになりました。改正は29年3月4日からです。

私は平成6年から訴え続け活動してきましたが、足立区議会全体としての取り組みに発展し、平成24年3月に夕方の時間帯の電車の本数は二倍となりました。そして、さらに平成26年3月からは昼間の時間帯で運転間隔15分であったものを最長で10分へと短縮になりました。しかし、朝の時間帯の増発がなかったため(特に7時台前半と8時台後半)、私や大西さとる都議の大きな宿題となっていました。その後も、区議会などで取り上げ、今回やっと1往復だけですが実現の運びとなったことに少しほっとしています。もちろん、宿題がすべて終わったわけでもなく、まずは8時台後半の増発に向けて働きかけを行ってまいります。

常磐線緩行線の方は、日中の運転間隔12分が10分に26年3月から短縮されましたが、それ以外の住民要望にはまったく応えてもらえず、JRの頑なな姿勢に怒りすら覚えます。足立区議会・葛飾区議会がJRに要請に行っても検討すらしない様子、対決姿勢の強化も考えなくではなりませんね。住民パワーで勝ち取りましょう。ご協力お願いします。

12月定例会一般質問

早いもので、今年も残すところ一か月を切りました。またひとつ年を重ねてしまいます。(…と言っても、私だけでなく誰もが公平に年を取るわけですが・・・)

今年も最後の定例会です。12月 5日(月)一般質問でおおよそ3時半頃だと思いますが、登壇します。

テーマは、災害対策と都立中川公園の整備についてです。申し合わせでテーマは2つと決まっています。そして、今回はたったの15分と短いのですが、一つでも多くの質問をしようと盛り込んでしまいました。できるだけ早口で進めないと時間内に終わらないかも知れません。多少聞きづらいと思いますが、内容で勝負と思っていますので、ぜひご期待ください。足立区役所本庁舎で傍聴も可能ですが、ケーブルテレビでも生中継しますのでご覧いただける方はぜひチャンネルを合わせてみてください。髪の毛が薄いところはあまり見ないで音声を主に遠目で見ていただけると幸いです。

第65回区政報告会終了

昨日、11月12日(土)夜7時からいつもの地元長門八幡会館公民館で私鈴木あきらの第65回区政報告会を開催いたしました。いつもながらお忙しい中、多くの方にご参加いただき感謝の気持ちでいっぱいです。今回も夜9時までの二時間本当に長時間、話を聞いていただき申し訳なく思っています。

特に椅子席ではなく、板の間に薄い座布団の上に座って、さぞかし足も痛かったと思います。近くに適した会場がないのでやむを得ないのですが、いつも辛い思いをさせてしまっています。

東京第13区総支部長の北條ともひこさんの挨拶や、大西さとる都議会議員の都議会報告も入れての二時間ですが、内容として飽きてしまうものではなかったのか、また参考になるようなものだったのかなど、いつも終わってから役員さん方に意見をしてもらって一応次につながるようにしています。しかし、65回も数を重ねても反省が足りないようで、ダメ出しをもらっていることも事実です。(特に家族からは毎回のようにダメ出しがあるのもいかがなものか、報告会の日の翌日はいつも落ち込む日となっているようです)

それでも、毎回のようにご参加して下さる方々には、心から感謝・感謝・感謝なのです。そして、今回も地元中川地区だけではなく、綾瀬、中央本町、竹ノ塚、花畑など遠くから足を運んでいただいた方には往復の時間だけでなく交通費もかかってしまうわけで、いつも心苦しく思っています。皆様に支えられて活動できる私は本当に幸せですし、だからこそしっかりと仕事をして区民の皆様にお返しをしなくてはとつくづく思っています。

次回、第66回区政報告会は、綾瀬のプルミエで来年1月14日(土)夜6:30 ~を予定しています。会場のプルミエは椅子席ですので足は痛くならないと思いますので、ぜひご参加お待ちしています。年齢制限もございませんし、お子さんにも一緒に楽しんでいただけるような〇×のクイズ形式の報告会です。お気軽にご参加下さい。お申し込みはメール・電話などでお待ちしています。

第3回定例会閉会

今日、24日足立区議会第3回定例会が閉会しました。

今回の定例会は、27年度足立区の決算審議、そして足立区の30年後までを見据えた基本構想の審議が重要なテーマでした。その定例会が本日閉会(終了)となりました。両テーマとも私たち足立区議会民進党も賛成し、自民・公明・民進と一部の無会派の賛成多数で可決されました。(詳細は足立区議会のホームページなどでご確認ください)

今定例会においては、私は順番で、本会議での質問も決算委員会の委員からも外れていたので、所属委員会(文教委員会と交通網・都市基盤調査特別委員会)での質問と基本構想特別委員会での質問しかできませんでした。したがって、消化不良のような感じです。たぶんこれも議員としての職業病かも知れませんね。

11月は閉会中の各委員会と文教委員会の行政視察がありますが、次回、第4回定例会が始まる12月1日からを楽しみにしています。本会議場で一般質問の形で登壇する予定です。今日から資料集めを始めます。

地元神社本祭り

私の住んでいる地元、長門八幡神社(足立区中川三丁目)では、今年三年に一度の本祭りです。

そんなに大きな神社でも有名な神社でもなく、また氏子が多いわけでもありませんが、特徴は歴史文化を大切にした本格的なお祭りです。朝10時の宮出しには木遣りも登場し、夕方6時の宮入まで、宮司さん、宮総代、四町会の会長さん、弓張り、手古舞も宮神輿の前に付き、要所要所では女性のみのグループによるお囃子が場を盛り上げます。お祭り好きの写真(ビデオ)愛好家などにも多少噂が広まり、最近では多くの方が撮影に来ています。是非、一度いらしてはいかがでしょうか。・・・と言っても実は明日10月2日ですから今年は難しいかもしれませんね。

私は、その長門睦会の役員を二十年以上務めさせていただいています。しかし、私自身は神輿を担ぐのはあまり得意ではなく、ずっとビデオ撮影係をさせてもらっています。

威勢のよい担ぎ手の皆さんの表情を、一番うまく伝えられるよう気を付けながら撮影しています。ただし、いつもあとで見てみると、女性とかわいらしい子供たちと、微笑ましいペットばかりを撮影しているようで、男性陣には今一つ不評のようです。本祭りの年ではない陰祭りの時を入れると二十年以上撮影を続けていますが、毎回私の独断で頑なにこの三本柱は不変です。今年も変える気はありませんので、私がクビにならない限り長門睦会のビデオは女性と子供とベットが大半を占めることになります。毎年、このビデオ記録は四町会にお渡しし、希望者には実費で提供行っているところです。(撮影者鈴木あきらと記されています)

明日も、撮影に精一杯頑張るつもりです。写りたい方はぜひ私を見つけて(長門睦会の茶色の半纏を着て宮神輿のそばにいます)合図をしていただけたらと存じます。私の特権にて優先的に撮影しますので積極的に声をかけて下さいね。特に、女性と子供たちとペット(ワンちゃん・ねこちゃん)最優先です。